你的位置:主页 > 学员风采 >

从芥川龙之介的《竹林中》看人性与欲望_日语论

2020-06-03 | 人围观

  要旨:芥川龍之介は近代日本有名的作家である。彼の作品は、日本や世界の文壇に非常に大きな影響を与えた。

  芥川龍之介は『藪の中』、『羅生門』、『鼻』などの代表作がある。彼の作品の内容が鋭く、人物心理を通じて、人間の複雑な思想を反映し、人間性を分析する。彼の『藪の中』は有名な小説で、1922年の『新思潮』に発表されたのである。

  本論文は、四つの部分で『藪の中』での人間性と欲望を中心に論じたのである。『藪の中』における人物の言語から分析し、彼らのエゴイズムの人間性を論証する。人物の証言の分析によって欲望を分析する。これらの分析を通して、芥川の独善的エゴイズムを窺う。

  キーワード:『藪の中』;芥川龍之介;人間性;欲望

  目次

  要旨

  中文摘要

  1.はじめに.1

  2.芥川龍之介と『藪の中』.1

  2.1芥川龍之介の紹介

  2.2『藪の中』の紹介

  2.2.1『藪の中』のあらすじ

  2.2.2『藪の中』の創作背景

  3.『藪の中』における人物の人間性について3

  3.1当事者の人間性

  3.1.1多襄丸

  3.1.2真砂

  3.1.3死者

  3.2傍観者の人間性

  4.『藪の中』における人物の欲望について5

  4.1当事者の欲望

  4.1.1多襄丸

  4.1.2真砂

  4.1.3死者

  4.2傍観者の欲望

  5.『藪の中』から芥川の独善的エゴイズムを読む6

  5.1『藪の中』での芥川の独善的エゴイズム

  5.2芥川の独善的なエゴイズムの形成原因

  6.終わりに . . 8

  参考文献 .9

  謝辞10

  要旨:法律は一国強盛の基礎である。近代以来多くの国は立法を通して、世界の大国になった。前々から、歴史に興味を持っている私は日本語を勉強しているうちに、日本の歴史への理解も深めた。近代以来、日本は明治維新を通して、封建社会から近代社会に移り変わった。ほぼ同時に、中国は戊戌变法などの一連社会改革を行った。しかし、同じように見えたその変革は結果はまったく異なった。明治維新が日本社会に大きな影響えを与え、その改革を経て先進国の一員になった。それに対して、中国の変化はあまりなかった。

  変法の過程は外来文化を吸収する過程である。日本は外来文化に対してどう考えるか。そして、日本人は外来文化と伝統文化の相異に対してどう扱うか。また、その原因は何であるか。歴史とは鏡である。私はこの論文を通して、以上の問題を探求したい。

标签:

相关内容推荐:

Top